しぐさの心理

舌を出す

心理学的に見る ”舌” とは

口を心理学的に見ると「女性器」を表すそうです。。
う〜ん、男性にも口があるんですが、良いのでしょうか…。

まぁ、深い事は気にせずドンドン行きましょう。

「口=女性器=セックスシンボル」と言われてみれば、
”口” にはセクシーなイメージが沢山ありますね。

そして口の中にある ”舌” は内臓を表します。(実際そうなんでしょうけど…)

他人に内臓を見せますか?

内臓なんてものは、身体の中で明らかに弱いものです。

また、グロテスクなイメージもあるため、
警戒する相手や親しくない相手には見せたくないものでしょう。

そして舌も同じ様に、警戒している相手や親しくない相手には
「あっかんべー」はしませんよね!?(子供でなく大人なら)
警戒しているならば、口は真っ先に堅く閉ざされているはずです。

では、上記の事を踏まえてしぐさの心理を見てみましょう。

舌を出す

好意の表れです。

自分の内部を異性に見せているわけですから、
セックスアピールの一部であることも考えられます。

ただし、明らかに敵対している相手や同性相手の場合は、
「私は、あなたに弱い部分を見せても、ど〜ってことないのよ!!」
という ”余裕・挑発” の意味があります。


ひとりで作業中、「口が半開き」や「舌先が出ている」

こういう場合、その作業に熱中しています。
自分の弱点をさらけ出している事に気付かないほど集中しています。

周囲への警戒心はまったく無くありません。
こんな時に邪魔をしたりすれば、明らかに機嫌を損ねるでしょうね。

pick up!

スポンサード リンク

スポンサード リンク


スポンサード リンク

メインメニュー